つわりだけじゃない|妊娠初期に起こるいろんな症状と危険性

避妊対策の1つ

サプリ

大きな避妊効果があるものとして知られているのがピルというものです。ピルというのはホルモンの薬で、薬局では手に入れることができません。このピルを使って避妊したいというときは大阪やその周辺にある婦人科へ相談にいきましょう。大阪の婦人科で処方してくれるピルには二種類のものがあります。1つ目が低用量のもので、もう1つは中用量と呼ばれるものです。高用量と呼ばれるものもありますが、避妊で主に使われるのは低用量と中用量でしょう。これらのピルは何が違うのかというと女性ホルモンの含有量が異なっています。50マイクログラムの女性ホルモンを丁度含んでいるのが中用量で、それより多い場合は高用量といいます。

大阪やその周辺の婦人科では、女性ホルモンの含有量が少なくて副作用が低い低用量ピルを避妊薬として使うことが多いでしょう。毎日、決まった時間に飲み続けることで避妊に高い効果を発揮してくれるのです。そして、大阪の婦人科でアフターピルとして使用されるのが中用量のものです。なぜ、中用量が緊急避妊時のアフターピルとして使われるのかというと、含まれる女性ホルモンの量が低用量と比べて多いので、数日で生理の症状を引き起こすからです。生理を引き起こすことで受精卵の着床を防ぎ避妊の効果を得られるでしょう。ただし、中用量のもので緊急避妊をする場合は、性交渉後72時間以内に服用しないと高い避妊効果は得られません。副作用で気持ち悪くなる場合もあるので、ピルを使いたいという場合はなるべく低用量ピルを選択するようにしましょう。